2020年06月02日

ただひとつの愛 最終回

二転三転して、結局そうなのかという、まあ思った通りの結末でした。
ハッピーエンドかどうか、書かずにおきます。

個人的に、このタイミングで見ていて良かったと思うドラマでした。

天使は、いるね。
人間の姿をしているかどうか、見えるかどうかは別にして、いるね。
そう思うことにします。

そして、私は本当は無神論者ですが、神様は見ていて、不条理でもきっと何か理由があるに違いない、そう思うことにします。

このドラマで心が少し安らぎました。

posted by いずみ at 14:08| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

ただひとつの愛 第13〜15話

ダンを人間にするためにはヨンソが死なねばならず、ヨンソを助けようとするとダンが消えてしまう、それでなくても数日後にはダンは消えることになっているという中で、お互いを生かすために自分が犠牲になろうとした二人でした。

ダンはついに、ルナを殺そうとしました。でも果たせず、彼女の手先に殺されそうになり、それを救ったのは先輩、大天使フ。
そして掟を破ったために、フは消滅してしまいました。
彼の残した遺書にも見える報告書、涙が出ました。

天使って、なんでしょうね。
キリスト教をよく知らないので、天使ってなんとなくイメージしかわからないのですが、天から遣わされたという読んで字の如く天使ですよね。天の意のままに動くということでしょう。
だとしたら、天、つまり神の意ってなんでしょう。
平等とか言っているけど、不公平なことっていっぱいあって。善とか悪とか、どうでも良いみたいで。
私は仏教徒ですが、というか何も信じてはいませんが、やっぱり神なんて信じないって思うわけですよ。
ヨンソも今そう思っています。

残された時間だけど、バレエの公演「ジゼル」に出ることにしたヨンソ。
ルナは捕まっていたのだけど逃げ出して、ヨンソではなく、恨みを募らせてダンを殺しに来ました。
幕の間に、ダンを追うルナを見つけたヨンソは、なんと代わりに刺されてしまいました。
が、そのまま第2幕を踊りきって。。。

神は一体どちらを連れて行くのでしょうか。どちらか?どちらも?
許しはないのでしょうか。

こんなドラマを見ている時だから、昨日のブログのタイトルは「天にお返しする」なんて言葉になってしまったんだなあと、今気づきました。

次、最終回です。
posted by いずみ at 12:47| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

父を天へお返ししました

私には見えませんでしたし、聞こえませんでしたが、先ほど全国で花火が上がったそうですね。
まるで父を送ってくれるようで、タイムリーでうれしく思います。

今日、父の告別式を終えました。

5月29日金曜日の夕方、父は息を引き取りました。
朝、危篤との連絡を受けて、10時間あまり側にいることができました。
ちょっと落ち着いていたので、1時間ほど母と弟は自宅へ帰ることにしたその間に、私一人で看取ることになりました。
きっと父は、私と二人で静かに逝きたかったのだろうと、私は勝手にそう思っています。母や弟には言わないけど。

コロナのせいで会えなかった入院中は辛かったけど、看取りになって面会できるようになっても辛かったです。
本当にコロナさえなければ、もう少しマシな看取りができたのに。もしかしたら、違う結果になっていたかもしれないのに。そんなことも考えてしまいます。
でも仕方なかったこと。
父はきっと淋しかったと思いますが、80歳を過ぎてからはもう十分生きたといつも言っていましたから、悔いはなかったと思います。そう思っておきます。

自慢するみたいですが、父はとてもいい人で、誰からも好かれて、仏と呼ばれるほどの人でしたから、きっと神様が欲しがっていたと思います。
迷わず天へ召されたことでしょう。
お返ししますから、どうぞそちらでも幸せに過ごさせてあげてください。

たくさんのありがとうをやっと言えたけれど、それでも十分に伝えられなかったです。もっともっと言いたかった、言わなければいけなかったと思います。
でもお棺に長い長い手紙を入れたから、きっとあちらで読んでくれた頃と思います。



もう一回、ここに書くね。

ありがとう。本当にありがとう。お父さんのおかげでたくさん笑って来られました。
世界で一番大好きだったよ。
また会えると信じてる、次もお父さんの娘で!



posted by いずみ at 20:50| Comment(0) | 介護 | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

ただひとつの愛 第11〜12話

天使だということが、ヨンソにバレました。
自分で言う前にバレてしまったので、ヨンソは怒っていましたけど、意外にもすんなり受け入れました。ドラマだからね。

ガンウ曰く、どちらかが死ぬことになるそうです。
天使が消えるか、ヨンソが死んでガンウのようになって生きることになるか、どちらかだそうです。
だったらどうして、神はヨンソとガンウに会わせたのでしょうね。

神様とか、天使とか、全く信じていないけど、信じるとしたら何か理由があってそうなっているはず。目的があって遣わされたはず。
このドラマの結末は、どこへ向かうのでしょうね。

ルナと叔母の陰謀は、もう少しで幕を閉じることになりそうです。
ヨンソが全てに気づき、暴くことができたので。
ただ、財団のために警察には行かず、叔母が退くことで決着しようとしているので、なんだか怪しいですが。。。
窮鼠猫を嚙む。もうひと暴れあるかもしれませんね。

posted by いずみ at 12:51| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

ただひとつの愛 第8〜10話

来週から、木曜日も朝から勤務になってしまうので、ゆっくりドラマを見たり、洗濯したりできなくなります。
仕事が増えるのは、うれしいこともあるけど、残念な気持ちもあるのが正直なところです。。。
必要とされるのは良いことだから、がんばらないといけないんですけど。

というわけで、がんばってまた3話みることができました。

やっぱりガンウも天使だったんですね。そう、過去形。人間として地獄のような人生を生き残ることになったようです。それが何故なのかはわからないけど、亡くなった愛する人、別人だけどヨンソ、その二人に関係してのことのようです。
ガンウがどうしたいのか、まだよくわかりません。ヨンソに執着していて、ダンを邪魔に思っているということしか。

ダンは子供の頃の記憶を取り戻しました。
かわいそうに、そんな風に亡くなっていた子だったとは。。。
前からチラチラと子供のシーンがありましたから、なんとなくわかっていたのですが、やっぱり幼い頃二人は会っていたんですね。縁あっての再会、わけあっての使命だったというわけですね。

ヨンソは気付いていませんし、まだ知らされてもいません。ただ、ソンウという少年のことを思い出したというだけ。

ダンは自分が何者かを明かそうとしています。その上で側にいようと。

一番の悪役は叔母ではなく、従姉妹のルナのようです。殺人さえ厭わないのは、ルナの方だったみたいです。母親のせいではあるとは思いますが。
主役をヨンソに奪われたかわいそうな妹ニナのためでしょうか、ついにヨンソを殺すことに。自殺に見せかけて。

天使の羽を広げてヨンソを救ったダン。
みんなに見られてしまったでしょうか。ヨンソにも。
ドラマはまだ続くので、ここでホコリになってしまうということはないでしょうけど。。。

posted by いずみ at 20:32| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

ただひとつの愛 第4〜7話

がんばって見ています。
コメディではないとわかったのですが、全部見ようとは思っています。
ちょっと天使というのを信じてみる、みたいな気持ちになると、心が少し軽くなるかなと思って。

ヨンソは変わりつつあります。
バレエも再開しましたし、団員たちとも上手くやっていこうとがんばっています。
そして、ダンのことを好きになったということも。

しかし、ダンはヨンソを好きだと認めるわけにはいきません。天使としての使命を果たすのみ。
もし掟を破ったらどうなるか、目の当たりにすることになりました。かわいそうです。
ヨンソのために、ヨンソを諦めなくてはいけません。

ガンウ、何者なんでしょう?
昔愛していた人を亡くして、その代わりにヨンソに執着している人、そう思っていたのですが、それだけではないようです。
少し前ですけど、影に羽が生えてしましたよね?彼も天使?
ダンのことを天使だと見抜いたようですし。

ダンの声に少しだけ慣れてきました。
好きではないけど、苦じゃない、というくらいですが。。。。

posted by いずみ at 20:56| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

ただひとつの愛 第1〜3話

シンヘソンさんが目の見えなくなった元バレリーナで、エル君が天使というドラマです。
ファンタジーラブロマンスっていうのかな。

シンヘソンさん、神話の男性ではなくて、女優さんです。何かのホームドラマで主人公の妹役だったという記憶だけがあります。ちょっとどこか、浅田真央さんに似ている気がします。
ヨンソは才能あるバレリーナだったのですが、事故でガラスの破片が目に刺さり、失明。交通事故で両親を亡くしていて、目が見えなくなったこともあり、とてもひねくれた性格です。
信頼していた父親代わりの秘書と交通事故に遭い、彼女は一命を取り留めたのですが、秘書は亡くなってしまいました。彼女に角膜を提供して。
おかげで再び目が見えるようになったのですが、そのシーンは号泣でした。気持ちがわかる気がして。

エル君、キムミョンス氏という名前で俳優活動をするようです。歌手との名前の使い分けでしょうか。
天使なんですけど、動物の生き死にに関わるだけのはずだったのに、ヨンソの命を救ってしまいました。その代償として、彼女に愛を教えるという使命をつかわされました。そして人間の体をしたダンとして、ヨンソの秘書として働くことに。

なんとなく、コメディっぽいところもあるので、見ることにしました。
でも、ドロドロ系とも言えますね。
ヨンソを殺そうとまでした叔母を、トジウォンさんが演じているのですが、どうしてもいい人のイメージがあって、なかなか慣れません。
あと、エル君の声がなあ、、、なんだか慣れません。。。

3話からイドンゴン氏も出てきたし、見続けようとは思っているのですが、ここまで見るのに1ヶ月以上かかりました。。。

posted by いずみ at 23:44| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする