2019年11月12日

仮面の秘密 第13〜15話

秘密というのは、DVってことですか。それだけ?
そんなにまで隠し通そうとするのだから、誰かを殺したか、くらいの問題だと思ったのですが。
暴力依存症みたいなものでしょうか。それとも性癖でしょうか。
室長は、知っていてそれでもチャンギの妻になりたいのでしょうか。
不思議。。。まだ他にも何かあるんでしょうか。

ウンハンは記憶を取り戻しました。すっかり全部。
そして携帯も、ヒヨンが売ってしまったけど、なんとかウンハンの元へ取り戻すことができました。あの場にまで室長が現れたのには、驚きましたけど。
ということは、まだ奪われる可能性があるってことですよね。ウンハンが持っているのは危険だと思うのですが。
でも、警察には持っていかないんですって。もみ消されるから。ウンハンが復讐に使うとのことですが、大丈夫かなあ。

まだ次は最終回ではないようですけど、記憶も戻ったことですし、もうそろそろ終わりが近づいていますね。

posted by いずみ at 21:16| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

町の弁護士チョドゥルホ2 第13〜14話

自作自演の刺し傷なのに、ドゥルホが犯人として捕まってしまいました。やっていないという証拠が何もなく、カメラや状況証拠、ナイフの指紋、すべてドゥルホが犯人だと示しているという、難しい裁判になりました。
ドゥルホがいない中、ソミはすごくがんばりました。一人前の弁護士として、もう大丈夫ですね。
盗んだ?借りてきた?死んだ検事の名札からは、SDカードが見つかって、そこには色々彼が調べた資料が入っていました。
それもあって、ドゥルホは無罪を勝ち取り、なおかつ、グクイルを訴え、次長検事を訴えるという形勢逆転に持ち込むことができました。
なんだか、すっかりおめでたいムード。

でも、ドゥルホも言っていたように、これは終わりのない戦いの始まり。いつになるかわからないけど、一つ一つ近づいて潰していくしかない戦い。

それなのに、まるでジャギョンの筋書きにあったかのように、彼女のリストの人が追い詰められていきます。
そりゃあそうでしょう、結局最終的な敵は同じ、目標は同じなわけですから。
ただ、グクイルを潰すか、守るか、そこだけが違うと言えるのかな。ジャギョンは復讐をしたいけれど、財力を手放すつもりはないので。

市長だった人、自殺に見せかけられて殺されました。
次はおそらく、怪しい宗教団体の人の番ですね。最近、市長と話をしていた人たち。

追い詰められた次長検事は、ドゥルホに取引を持ちかけました。
しかし、ジャギョンに足をすくわれて、またまずい立場になり、ジャギョンにひざまずいています。許してもらえるのでしょうか。私はてっきり殺されるかと思ったのですが、そうそうたくさんの人を次々には殺さないのかな。

ああ、本当にジャギョンを見るのが楽しい。楽しいは、ちょっと言葉が違うかな。おもしろい?
すごく怖いけど、ただただ、その演技に感心して、ずっと見られます。

posted by いずみ at 22:13| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

サーターアンダギーにしか見えない

IMG_2373.jpeg

ずっとサーターアンダギーが食べたかった間、この子がサーターアンダギーにしか見えませんでした。

ジェニーです。

いつの間にか6歳になっていました、、、
お誕生日を忘れていてごめんなさい!

明日はウサケツヨウビです。

posted by いずみ at 23:25| Comment(0) | うさぎ | 更新情報をチェックする

サーターアンダギー

先週のケンミンショーを見てから、ずっと食べたくて食べたくて仕方なかった、サーターアンダギー。
やっと食べることができました〜!
私はもともと硬めのドーナツが好きで、ミスドでもオールドファッションばかりです。サーターアンダギーも好きで、物産展とかで見つけたらほぼ必ず買うんです。

今日は仕事というか、ボランティアというか、介護まつりという職場の地域のイベントがあり、出かけました。それが数時間のことだったので、帰りにちょっと回り道をして、沖縄のアンテナショップっていうんですか、沖縄の物ばかり売っている常設のお店へ行って来ました。大須にあるんです、ずっと前からあるけど忘れていたこと、思い出しました。

カフェであったかいサーターアンダギーとコーヒーをいただきました。
IMG_2545.jpeg
もうクリスマスの飾りがありました。

もちろん、沖縄っぽくシーサーも。
IMG_2543.jpeg

おいしかったので、買って帰りました。
揚げたてでなくても、トースターで温めたらおいしいそうですから、たくさん買いました。
太るつもりか、私。。。

実は介護まつりに向かう前にも、とあるデパートの催し物でバウムクーヘン博覧会というのをやっていて、それも行ったのです。しかし、何一つ買えませんでした。あまりのすごい人に驚いて、遠目にくるっと一回りしただけで諦めました。
名古屋の人がそんなにバウムクーヘンが好きだとは、驚きです。まあ、珍しかったってこともあるかな。とにかく、甘かったです、考えが。
だから、サーターアンダギーをたくさん買ってしまったのかもしれません、腹いせに。

そして、もう一つびっくりしたのが、今日はホコ天になっていて、栄はコスプレの人で溢れてしました。それを写真撮る人たちと。
ちょっと怖いと思うのは、私だけでしょうか。異様な空気というか。
いつもは大須の方がちょっと不思議な人が多いと思いますけど、今日は反対でしたね。おかげで大須は空いていましたよ。

posted by いずみ at 20:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

町の弁護士チョドゥルホ2 第11〜12話

だんだん怖くなってきました。
ドラマ冒頭のシーンがいつあるのか、そろそろなのか。。。
ジャギョンの怒りを買い続けているので、手足を傷つけるという意味であの検事を殺したのでしょうけど、ソミやマンスが心配です。
そして、今回もてっきりドゥルホが刺されると思いました。まさか、自分で傷つけて、その自作自演の行為をドゥルホの仕業に仕立てるなんて。
まあ、主人公だからそんなに簡単に死んだりしないとは思っているのですが。

ものすごい数の行方不明者がいたんですね、遺体も見つかっていないなんて。
それが、グクイルの不動産の下に埋まっているという意味なんですね。
なんとまあ、恐ろしいこと。。。そんなんの上にのほほんと暮らしているとは。。。

まだまだ福祉院に関係した人たちがいるようです。
国家が絡んでいるといういことは、最後には大統領まで出てきそうな勢いです。とりあえずは、市長だそうですけど。

やっぱりジャギョンはかわいそうです。復讐の鬼になったのには、理由がありますから。
だからと言って、褒められた計画ではないけど。
早く別の方法もあると気づいたらいいけど、もう戻れないところへ来てしまっているんですね。

ソミがきれいにしてきたけど、これは後で何か重大なことへ続くことかな。喧嘩しただけにしては、なんだかね。

posted by いずみ at 22:31| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

仮面の秘密 第12話

失語症って言わないでほしい。。。
毎回ドラマで聞くたび、それは違うって言っているんですけど。こんなところでいくら言っても、届かないとはわかっているけど。
また書きますが、失語症とは、脳の器質的な病気によって、言葉を失うことです。脳梗塞とか脳出血とか。心の問題ではありませんから。

ダラがやって来ました。母と娘として再会しましたけど、ウンハンは何も思い出しません。
ダラは言葉を話しません。7歳らしいですけど、携帯で文字を打ち込んで会話します。こちらの言うことは聞こえています。
でも、偶然に会ったガンウとは普通に話をしました。
ということは、選択的緘黙。超、選択的。
お母さんとは口をきいたということですから、口をきかなくなったのは、ウンハンのせいではないですね。おそらく、ウンハンを守るために黙っているということでしょうか。

チャンギとチョン室長が探している携帯は、ウンハンがこの前ロックを解除して、ダラの画像があったあの携帯ではなかったんですね。どうりであっさりとチャンギが忘れていたというわけ。
いったい何が入っているというのか。
ダラが隠したということみたいですけど、それはどこにあるのでしょうか。
みんな想像しているとは思いますけど、拾った携帯というやつですよね。返しに行けずに、ガンウが持っていて、今はヒヨンが持っているという、あれではないでしょうか。きっとそうですよね。落とした人は、あの家の農場とかいうところで働いている人でしたもんね。彼も拾ったに違いないです。

ガンウが父親だというのは、どうやら本当なんですね。見に覚えがないとは言わないから。
ちょっとがっかり。

posted by いずみ at 19:10| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

町の弁護士チョドゥルホ2 第10話

そうだったんですね。
ジャギョンの妹の心臓はどこかって聞いていましたけど、その答えを聞いたんですね。それが、会長の娘の体に移植されていたとはね。
それで彼女を選んだようです。でも、コントロールしやすいっていうのはあると思うんですけどね。殺したくないだけだと思うので。

今度は、福祉院のことを暴こうとした検事が、ドゥルホと親しくしていた彼が、殺されてしまいました。ジャギョンに。ジャギョンの手下に。(ここ、いつも同じですね。)
検事になる時の理想を語っていたのに、ひどい結果になりました。
ジャギョンはドゥルホの手足を奪うと言っていましたからね。それで彼の動きを封じようと。

それにしても、本当に立ち向かうところは、二人は同じだと思うのですが。手法が違うだけで。
手を組むどころか邪魔し合うなんて、漁夫の利になってしまいませんか。
もちろん、先輩を殺されたことを恨むドゥルホの気持ちはわかるけど、ジャギョンの方は邪魔されたと思わずに、一緒に戦うということを選ぶこともできると思うのですが。
まあ、だからこそ、ドラマがおもしろいのでしょうけど。

posted by いずみ at 21:25| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする