2019年11月09日

仮面の秘密 第12話

失語症って言わないでほしい。。。
毎回ドラマで聞くたび、それは違うって言っているんですけど。こんなところでいくら言っても、届かないとはわかっているけど。
また書きますが、失語症とは、脳の器質的な病気によって、言葉を失うことです。脳梗塞とか脳出血とか。心の問題ではありませんから。

ダラがやって来ました。母と娘として再会しましたけど、ウンハンは何も思い出しません。
ダラは言葉を話しません。7歳らしいですけど、携帯で文字を打ち込んで会話します。こちらの言うことは聞こえています。
でも、偶然に会ったガンウとは普通に話をしました。
ということは、選択的緘黙。超、選択的。
お母さんとは口をきいたということですから、口をきかなくなったのは、ウンハンのせいではないですね。おそらく、ウンハンを守るために黙っているということでしょうか。

チャンギとチョン室長が探している携帯は、ウンハンがこの前ロックを解除して、ダラの画像があったあの携帯ではなかったんですね。どうりであっさりとチャンギが忘れていたというわけ。
いったい何が入っているというのか。
ダラが隠したということみたいですけど、それはどこにあるのでしょうか。
みんな想像しているとは思いますけど、拾った携帯というやつですよね。返しに行けずに、ガンウが持っていて、今はヒヨンが持っているという、あれではないでしょうか。きっとそうですよね。落とした人は、あの家の農場とかいうところで働いている人でしたもんね。彼も拾ったに違いないです。

ガンウが父親だというのは、どうやら本当なんですね。見に覚えがないとは言わないから。
ちょっとがっかり。

posted by いずみ at 19:10| Comment(0) | 韓流 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください